">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

美しい決算書を見ることがあります。

会計に明るい社長さんなのかと思いきや、

財務会計のことは全然わからないし、

経理も社員に任せているということで、

意外にもノーマークです。

いろいろお聞きしていくと、仕事に対する

「美学」がすばらしい。社員やお客様への

愛情や思いやりにあふれているだけでなく

細部にこだわりがあり、いろいろな面で

手を抜いていません。

 

私は、ほぼ毎日どこかの会社の会計資料を

見ます。どの経営者もみんな努力している

のに、違う結果が出る現実を見ています。

例えばトラック運送業は、努力しても全然

儲けが出せない会社がたくさんある一方で、

コツコツと儲けを出して稼いでいる会社も

多数あります。

 

車両ごとに細かく利益計算しているのに、

全く儲けが出ない会社もあれば、そんなに

細かい計算などしなくても収益がいい会社

もあります。

細かく分析すれば、いろいろな違いを発見

できると思いますが、あえて一言でいえば

社長自身の「あり方」が、結果としての

決算書に表れているのだと思います。

 

会計の知識はなくても、「儲け」に対する

美学を持っていることや、どんな仕事を

したいのか、どんな仕事をしたくないのか

基準が明確であることなど、いくつかの

ポイントがあるな、と感じています。

まだまだ経験数が少なく、上手に言葉に

できませんが、美意識の高い経営者に

たくさん会って、一流と二流の差を観察

したいと思います。そして、一流の人の

「あり方」をもっと知りたいと思います。

 

本当にいい職業に出会えたと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細