">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

思い描く将来像に近づくために、

目標を立てて実行していく部分と、

期待して待つ部分があります。

 

目標を立てて実行していく部分は、

何かの資格を取ったり、勉強したり、

習慣を身につけたりすることなど、

目標管理型で達成できることです。

 

期待して待つ部分というのは、

「こんな仕事がしたい」とか、

「こんな依頼があったらいいな」

ということです。望んでいた仕事が

突然舞い込んできた時に、準備が

できていないとチャンスを逃します。

 

私はどちらかというと、「こんな仕事

がしたい」と思っていることが、人との

つながりで展開していくなど、期待して

待つ部分の多いタイプですが、その

準備については目標管理型です。

 

目標管理というと、苦しいことを乗り

越えるイメージでしたが、最近は少し

違ってきました。

すごく軽いグリップで目標管理できる

ようになったのですが、その理由は、

期待して待つ部分が、必ずいい方向に

展開するという確信が持てるからです。

思い通りの方向でなくても、結果は

必ずいい方向だと考えています。

 

そんな感じで、部分的に目標管理型で

行き、大きな流れには身を任せるような

仕事の進め方が、自分にはとても

合っていると思うのです。

 

自分の針路をちゃんとコントロールできる

人をうらやましく思っていましたが、今は

おおまかに方向性が合っていればいい

と思うようになりました。

自分らしい、将来像への近づき方を

見つけていくと、気持ちが安定して

楽になると思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細