">

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

小さい頃、路線バスの営業所の近くに

住んでいたことは、現在の仕事や趣向に

少なからず影響しています。その後に

住んでいた北区滝野川のアパートは、

東京近鉄バス(現・東京バス)の車庫の

裏手でした。毎朝毎晩、大型観光バス

の出庫や入庫を見ていました。

 

現在住んでいる富山市には、三菱ふそう

のバス工場があって、全国に出荷される

新車のバスが陸送されていくところを、

頻繁に見ることができます。路線バスから

観光バスまで多彩なバスが通ります。

東京に住んでいたころに見慣れていた

関東の路線バスが、富山を走っている

姿を見るのは、なつかしくもあり、

違和感もあります。

 

富山は他にも、全国的に有名な中古バス

販売会社「中越バス販売」があります。

全国のバス事業者が買い付けに来ます。

先日行った、徳島のバス会社の会長も

富山で中古バスを買い、徳島まで自分で

陸送した経験があるそうです。

 

こうして振り返ると、バスに関心を持つ

ことが必然だったような環境を歩んで

きました。

運送業専門の中小企業診断士という道を

選んだのも、それ以外は考えられない

ことだと思っています。

 

本拠地を富山市に置いていることも、

なかなかいい環境だと思っています。

将来、全国対応の仕事をこなすように

なったとしても、本拠地を東京に移さず、

富山でやっていきたいと思っています。

 

環境が人を育てると言いますが、小さい頃

から身近にあって興味があったバスが、

今でも身近にあり、仕事でも携わっていて、

これからも関わっていくことになるのは、

何というか、とても不思議な感覚です。

この環境を大切にしたいと思っています。

 

20150301_121649_Android

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム

代表取締役 中小企業診断士

詳細