">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

1月も4週目、20日が過ぎました。

針路は明確ですが、速力がいまひとつです。

1月スタートから時間に追われ気味でした。

時間に追われてしまうのも、癖だと思います。

どこかで直さないと、仕事の繁閑に関わらず

追われてしまうのだと、反省しています。

 

企業がいつも赤字なのも、癖だと思います。

赤字の会社で何が一番怖いかというと、

そこにいる社員が赤字の仕事しかできなく

なってしまうことです。

 

例えば、土建業はいま収益的に非常に厳しい

事業環境にあります。その中で、黒字を維持

している企業は、赤字企業とは少し違う社風

があります。社長も社員も違います。

 

黒字の仕事が当たり前だと思うのか、

何となく現場を納めているのかによって、

社員の意識や動き方が大きく変わります。

赤字の仕事に慣れたら、黒字の仕事術を

を定着させるのは大変なことです。

 

ある会社の社長が、営業マンの採用基準で、

前職の会社が赤字だったか黒字だったかを

確認すると仰っていました。

赤字の会社に10年いた営業マンは、赤字の

仕事しかできなくなっている可能性が高い

からだそうです。よくわかります。

 

私がいつも時間に追われてしまうのも、

そういう状態に陥る癖がついているのだと

思います。ここで直しておかないと、

永遠に余裕を持った仕事ができないので、

少しずつでも改善していかねばと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細