">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

ある運送事業者の社長と飲みに行きました。

 

会話の中で印象的だったのは、目標の立て方

です。人の期待値をはるかに超えた目標を立て、

そのための行動を決めて、ひとつずつ実行する、

それがその社長の「あり方」でした。

 

「みんな目標が低すぎる!」

現状の延長線上の目標設定では、やり方を

大きく改善する必要には迫られません。

 

しかし、高い目標をクリアしようと思ったら、

やり方そのものを見直し、挑戦したり、仕事を

再構築したりする必要に迫られます。

 

私自身の目標も、現状の延長線上に立てて

いましたので、大いに触発されました。

私の事業は、1月決算なので7月末でちょうど

半期です。業績は、前年より少し落ちています。

 

その原因は、目標の立て方にあると感じました。

前年より少し高いくらいの目標では、思うような

結果が得られない可能性が高いです。

 

年の後半に当たり、目標数値を見直し、より

チャレンジングな目標に向かって再出発する

ことを決意しました。

7月の残り10日で目標を再設定します。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細