">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

今年の目標の一つに、研修講師の

仕事の質を上げることがあります。

研修の依頼や企画に対するニーズの

探り方が、甘いと感じています。

 

ニーズを仮定して、内容を組み立て、

そのあと検証する部分に手が回って

いなかったために、真のニーズに

対応した内容になっているか、自信

を持ちきれないというのもあります。

 

一方的に「知識」を伝えるだけなら、

計画して実行するだけで十分ですが、

ニーズに対応するためには、こちら

が受け取ったニーズを、それでいいか

相手に確認しなければなりません。

 

ありがたいことに、いつも助言して

くださる方が何人かいるので、意見

をいただいていますが、依頼者の

ニーズを明確に伝えなかったら、

助言を仰ぐこともできません。

 

その中で感じたことが、もっと深く

ニーズを探る必要があると言うこと

です。その部分さえ見えてきたら、

研修の組み立ての半分以上は完了

です。

 

資料の準備に終始してしまったら、

真のニーズを探ることはできません。

準備のうち何に時間をかけるかを

しっかりと考えて臨みたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細