">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

ビジネスには成長カーブがあります。

成長カーブは、「導入期」「成長期」「成熟期」

そして最後に「衰退期」があります。

 

成長カーブ

 

どんなビジネスにも、やがて衰退期は来ます。

商品のライフサイクルや、お店の出店退店にも

すべて成長カーブがあてはまり、成長の坂を

駆け上がれば、いつか衰退の坂を下ります。

 

ずっと右肩上がりの企業は、ひとつの事業が

衰退する前に、次の事業が大きく成長する

サイクルを意識的に作っています。

 

一方で、衰退期に抵抗して、なかなか次の

局面を迎えられずにいる企業もあります。

 

衰退期は、次の成長に向けての準備期間です。

その時期に、新たな成長の芽を育てられるか

どうか?それは、その前の、成熟期に何をして

いたかにかかっています。

 

成熟期は、季節で言うと収穫の秋です。

収穫に一生懸命になるばかりに、種蒔きを

後回しにしていると、やがて来る衰退期に、

次の成長の芽を出すことができません。

 

種を蒔いていなければ、芽は出ません。

当たり前のことです。

それを棚に上げて、衰退期を何とかしてくれと

言われても、どうしようもありません。

 

衰退期の理想的な過ごし方は、衰退する事業

に抵抗するのではなく、次の成長を夢見て、

どう育てるかを考えて過ごすことだと思います。

 

私は、仕事で様々な局面にある企業に係わって

いますが、私自身も自分の事業で成長カーブを

いくつも超えていくような人生を送りたいと

思っています。

 

衰退期を怖れず、次々に新たな芽を育てて、

右肩上がりを継続していきたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細