">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

私は、運送業に分野を絞って経営支援を

しているので、この分野の黒字企業や

優良企業の空気感が体に入っています。

赤字企業の空気感とは、違います。

 

ある運送会社では、グループで複数の

関連事業を運営している中で、トラック

運送部門が最も高収益を生んでいます。

堅実に、実運送を手掛ける会社です。

 

一方で、保有台数10台前後の小規模

運送事業者の多くが「今は、運送業は

儲からない」という見方をしていて、

実際に赤字になっている企業が多数

あります。

 

同じ業種でこの違いの原因は何でしょう?

 

日本の中小企業の7割が赤字決算である

という国税庁の調査結果がありますが、

どの業種にも必ず黒字企業、優良企業は

存在します。

 

自社がその優良企業になるという意思が

あるかないかによって、結果が左右され

ていると思います。要は、経営者の見方

次第です。

 

まずその見方を変えない限り、経営改善

は進みません。見方を変えるサポートを

する部分は、経営改善とは全く異なる

アプローチが必要です。

 

最もシンプルな経営支援は、経営者が

見方を変えることをサポートすること

だと思います。私は、そこを目指して

いこうと思っています。

 

よりシンプルな仕事になったら、成果

も上がりやすくなると確信しています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細