">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

私たちの仕事は、経営者の相談を聴くことが

最初のステップになります。

その時によく注意して観察しなければならない

ことは、本当はどうしたいかという点です。

 

だいたい当初の相談内容と、真の課題は異なり、

それを引き出して提示するのが最初の仕事です。

第三者だからこそ、お伝えできる視点があります。

 

相談の際に、経営に関する知識やある程度の

専門知識があったほうが、より理解できる、と

いうのが、私にとっての中小企業診断士資格

の位置づけです。

 

あくまでも対話がメインで、経営知識や専門知識

を使って経営計画を作成したりするのは、主従で

いえば従のほうです。

 

中には、相談はしているけれど本当は何も変えて

ほしくないと思っているケースもあります。

 

その場合、できることは「聴くこと」だけです。

恋愛相談ではありません。あくまでも経営相談です。

経営相談だからと言って、必ずしも解決を望んで

いるとは限りません。

 

その見極めを誤ると、膨大な時間をロスすることに

なると思います。そんな経験の中から紡ぎ出した

私自身の今後の方針は、

「リクエストの明確なオーダーに応える」

ということです。そして、リクエストを明確にする

ためのスキルを磨いていきたいと考えています。

 

経営者のリクエストを明確にするスキルを磨いたら、

もっともっと役に立てる自分になれると思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細