">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨晩は、明治時代を築いた一人、木戸孝允の

直系の子孫、木戸寛孝氏の講演を聴きました。

維新前後からの大きな時間軸で現在を見つめ、

将来を見通す、スケールの大きな話題でした。

 

私たちは普段、目の前の仕事のことや、将来の

自分像などを、自分を取り巻く環境の中だけの

狭い範囲で考えがちです。

 

大きな時流の中での自分たちの役割や、時流に

求められている方向性といった大きな時間軸で

考えることで、全く異なる視点で自分を見つめ

ることができます。

 

木戸氏の講演は、そうしたスケールの大きな

時間軸を、思い起こさせてくれるばかりでは

ありませんでした。

 

国際社会の中での日本、環日本海地域、富山

といった空間軸、具体的な事象・事件の話題

から抽象度の高い概念の話を行き来する座標

軸など、視点の軸を大きく揺り動かすような

講演でした。

 

物事を捉える視点のパラダイムシフトが一瞬

で起こることを体験できた時間になりました。

 

目の前で起こるミクロな現実を、長い時間軸、

広い空間軸、大きな座標軸でマクロに捉える

ことは、リーダーシップを発揮する場面で、

大きな説得力が生まれます。

 

「今・ここ」を、より広い視野で見渡す

クセづけをしていきたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細