">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

きのう1日で、「使う言葉に気を配る」的な

テーマの文章を3つも読みました。

何かの啓示かもしれません。

 

最初のひとつは、師匠からのメルマガで、

相手の感じ方を考えて言葉をチョイスする

というもの。

 

次に触れたのもメルマガで、セミナー講師

として、様々な研修をやるとき、参加者の

ことを想像して、それに合わせた表現を

使うように気を付けましょうというもの。

 

3つ目は本で、相手のわかる表現をしないと

伝えたつもりになっていても、全然伝わって

いないという内容の文章。

 

同じ日に、同じ内容のメッセージを受け取る

ということは、自分に振り返るところがある

ということかも知れません。

 

ところで、私の強みのひとつは、運送業界を

専門分野にしていますので、運送会社の社長

に通じやすいボキャブラリーを持っている、

ということです。

 

バス乗務の経験がありますので、現場感覚

を伴って相手の会社の状況を理解できるし、

相手に通じやすい言葉や表現を、肌感覚で

使いこなせます。

 

突き詰めればビジネスは、その感覚を持って

いるかどうかで明暗が分かれると思います。

 

お客様の言葉で語れるか?

お客様の感情を想像して、対応できるか?

そうしたことが、結果を左右するのだと

思います。

 

使う言葉に気を配ることの重要性を伝える

メッセージに触れ、いま一度、自分が使う

言葉について注意してみたいと感じました。

 

言葉ひとつに、人や仕事に対する愛が

にじみ出ていると思うと、「言葉」を

もっと大切にしなければと思います。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細