">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

企業の財務改善に取り組むとき、

人的課題の解決に取り組むとき、

課題は変わってもアプローチの

方法は同じです。

 

原因を考えて、どうやったら

うまくいくのか「仮説」を立てます。

この仮説に、社長や幹部社員が

納得してくれるかどうかが、

効果に大きく影響するので、

相手に伝わる言葉を選びながら

丁寧に伝えます。

 

納得してもらったら、具体的に

取り組むこと、期限、到達点を

決めて実行してもらいます。

成果が現れないとやる気が持続

しないので、小さくても成果が

見える到達点であることが大事

だと思います。

 

ところで、最初に仮説を説明する

と言いましたが、その仮説は、

ほとんどの場合、その会社が

はじめから持っていたものです。

「きっとこうすればうまくいく」

とわかっていたのに、いまだに

実行していなかったものです。

 

実行の障害になっている気持ちを

取り除き、手近な到達点を決める

手伝いをします。

「社長や社員の気持ち次第」で

解決の方向に向かう経営課題が

たくさんあります。

 

こうして考えると、当事者の気持ちが

変わることが、財務や人的課題などの

具体的な課題解決の第一歩になります。

 

「当事者の気持ちが変わる」

ことにフォーカスした仕事こそ、

自分の役割だという気がします。

そんな思いを忘れずに、仕事を

進めていきたいと考えています。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細