">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日は南砺市で木製バットを製造する会社の

社長の話を聞いてきました。全国で10か所

しか残っていない木製バット製造業のうち、

5か所が南砺市福光町にあるそうです。

 

気候の関係で、消費地に近い関東や、産地に

近い北海道で木製バット製造業をはじめても、

みんな廃業していかれるそうです。

 

冬でも湿度の高い福光で作ると、木の割れや

重量の狂いがなく、クレームにならないので、

産地で作るより、材料として福光に売った方

が、木材の産地としては儲かるそうです。

 

話中で何度もおっしゃられていたのが、木の

可能性です。日本には木材があり余り、活用

されずに困っているそうです。

 

私たちは、木を伐採するのは環境破壊だから、

森林を守るために、割り箸はやめましょう、

と言われてきました。

 

確かにアジアの国々で大規模伐採して、その

地域の生態系を破壊するなどの被害を出して

いたことは事実ですが、今日本では木の消費

が進まず、過去最高の保有量になっていると

いうことでした。50億㎥だそうです。

 

しかも毎年1億㎥増えていく計算になるそう

です。複利で増えますので、乱獲さえしなけ

れば、ずっと使えるエコな資源です。

 

偶然にも、似たような話を今月に入ってから

2回も、別の人から聞いていました。

次の新しい社会は、木材の活用がもっと進む

社会になることが確信できます。

 

その話を、今年初めに訪ねた、長野で木曽

の山から材木を下している運送会社の社長

を思い浮かべながら聞いていました。木は

国内だけで循環できる資源です。

 

遠く海外から輸入した資源への依存度を低く

して、身近な資源の活用が進む社会を創る、

私たちはその時代の一員だということを強く

自覚します。

 

この仕事を通して、そうした社会の実現に

一役を買えたらと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細