">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

私は、仕事の上で「情熱」を大切にしています。

仕事は、短期的な観点だけでなく、長期的に

継続していくことを考えなければなりません。

 

長期的に情熱を維持できない仕事だとしたら、

いつか「本当にやりたいことは?」という問い

に答えを出さないと、モチベーションを上げる

ことが辛くなってくると思います。

 

私は幸いにも、情熱を注げるバス・トラックの

分野で自分の仕事を見つけました。そして、

新たに海運の分野に広げていくチャンスにも

恵まれて、好きなことをやっているという意味

では、毎日が夏休みみたいな仕事です。

 

バスやトラックの車庫で、真夏にオイルが灼ける

匂いや、ホイルナットを締めるインパクトドライバ

の響く音、工具を床に置くときの乾いた金属音、

大型車のパーキングブレーキのエア音など、

一生おつきあいする匂いや音だと思っています。

 

最近、船の仕事を見に行くことがありますが、

船のディーゼルエンジン独特の匂いや振動、

船と岸壁の間で波が揺れる音や、接岸の時

サイドスラスターが水を掻く音も魅力的です。

大型船の接岸の瞬間など、目が離せません。

 

大好きな場面にいると、情熱が絶えることが

ありません。経営改善や経営支援と言っても、

決算書だけ眺めるような仕事では、すぐに

嫌になってしまうと思います。

爆発的に燃え上がる情熱ではありませんが、

静かに燃え続け、絶えることのない「情熱」こそ

仕事を続けていく上では大切だと考えます。

 

10344774_606110369484763_7175452917060561581_n

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細