">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

中小企業診断士は永久ライセンスというわけでは

なく、5年に1回、資格更新をする必要があります。

その更新の要件は、30時間以上の企業診断実務と、

5回の更新研修受講の両方を満たすことです。

 

30時間の企業診断実務は、実務をやっている人に

とっては、全く問題ありません。更新研修は、年1回

実施される研修をかならず受講する必要があります。

 

富山県で受講できなかった場合、他県に行って受講

しないと、5年で5回の更新研修を受講することが

できなくなってしまいます。なので、更新研修の日

は、万難を排して更新研修に参加します。

 

その更新研修で、今年は1時間半の発表を仰せつかり

ました。研修の仕事で人前に立つことはあっても、

大先輩の実力派中小企業診断士の方々を含む100名

の前で1時間半も話をするのは、かなり緊張します。

 

テーマは、運送業界の現状と経営支援についてです。

短期間に同じ業種を手掛けていることが、選ばれた

理由でした。選ばれたからには、精一杯務めたいと

思いますが、あまりにも大きな舞台に足がすくみます。

 

対象は、全員が中小企業診断士なので、専門用語を

優しく解説する必要はないのですが、シビアな視線で

見られることになるので、自分への挑戦だと思って、

謹んで準備を進めます。

 

発表は8月末の土曜日です。

このような試練を与えてくださった諸先輩方に、

感謝の気持ちで臨みたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細