">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

盟友とも言える仲間から、贈り物をいただき

ました。

柳井正さんの「経営者になるためのノート」

です。

 

DSC_0103_edited

 

私の柳井正さんのイメージは、自分にとても

厳しい人、ストイックな人です。ユニクロを

世界企業にした、実力あふれる事業家だけに、

厳しく鋭い人物と言う印象が強いです。

 

そんな経営者の言葉に触れると、小さな目標

に安住しそうになる心に喝が入ります。常に、

高い基準で自己変革を続けていくこと、妥協

やあきらめをしないで追求する姿勢を、思い

出させてくれます。

 

良い本とは、対話ができます。

メッセージが語りかけてきて、今までの自分

の考え方に変化を及ぼしてくれます。

 

私はこの本を、「経営者」を「起業家」に

読み替えて、自分のこととして読みました。

ほかにも、言葉を自分なりに読み替えてみる

と、自分に語り掛けてくるメッセージになる

箇所がいくつもありました。

 

「経営者になるためのノート」は、書き込み

ができるスタイルの本で、すべてのページに

罫線入りの余白が用意されています。

 

「自分だったらどう読み替えるか」

を書き込みながら、何度も読み返してみたい

と思える本でした。

 

そして何よりも、そんな刺激を与えてくれる

本を贈ってくれた盟友に感謝です。

 

以前にも、現状の課題にぴったりな本を贈って

いただき、感心していたところに、今回もまた

長い付き合いになりそうな本を贈ってもらい、

その慧眼に感服しています。

 

いい仲間がいることは、成功の道を往くのに

欠かせない要素だと思っています。

相手にもそう思ってもらえるように、変革を

厭わない自分でありたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細