">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日は「仕事力向上セミナー」で、

目標設定をテーマに話し合いました。

決めた目標を達成できないと、

つい自分を責めてしまいがちですが、

もしかしたら目標設定に問題がある

のかも知れません。

 

立場や責任で目標を決めてしまったり、

「こうあるべき」というプレッシャーから

他人の価値基準で目標設定したりすると、

本当の自分が叶えたいものではないので、

目標達成が非常に辛いことになります。

 

セミナーでは、達成した自分を思い描く時、

ワクワクしたり嬉しさがこみ上げるような

目標設定に取り組みました。

さらに、目標を細分化した到達点を決め、

お互いに共有しました。

 

こうした作業の中で、とても嬉しいと感じた

ことがあります。それは、僅かですが本当に

目指すものを探る人の助力ができたことです。

 

話は変わりますが、企業の課題解決にあたるとき、

企業理念やビジョン、方針の確認を最初にします。

これは解決の方向性や糸口を探る上で、必ず

通るプロセスです。

明文化された企業理念がない場合、企業の

生い立ちをヒアリングしながら理念を抽出

していきますが、これまで何度もその作業

を経験してきました。

 

そうした中で、経営者が自社の持っていた

理念に気づいて納得する瞬間を、私はとても

嬉しく感じます。

 

個人の目標や企業の経営理念は、

相手がもともと持っているもので、

それを探る手伝いができるということに、

充実感を感じる自分を再確認できました。

私の仕事の軸のひとつに、このことを加え、

本質的な目標設定や経営理念の抽出を

サポートする力を磨いていきたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細