">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

自宅から50分ほどのところにある、上市町の

大岩山日石寺に毎年足を運びます。

今年は、夏前に一度行っているので、二度目

になりますが、この週末に行ってきました。

 

参道には、そうめんや白玉あずきなどを売る

茶店が何件か軒を連ねています。

観察していると、その中でも繁盛している店と、

そうでもなさそうな店があるのがわかります。

 

京都などの観光地に行った時も、同じものを、

同じ値段で、同じように売っているのに、売れて

いる店と、そうでない店があるのがわかります。

 

いいお店に入ると、雰囲気が違います。

 

呼び込みをしているような店には、売ろうと

する意思が見え隠れしていますが、いいお店

には、お客さんの気持ちに寄り添っている

雰囲気があふれていて、いい気分になります。

 

この雰囲気創りが、商売の分かれ道です。

上手に雰囲気を創ることができるかどうか?

それは、店のオーナーや働く人の気持ちが創り

上げるものだと思います。

 

私は、小売店や飲食店のコンサルは手掛けた

ことがありません。運送業を中心に、製造業や

機械関係の商社をお客様に持っていますが、

基本は一緒だと思っています。

 

お客様の利益を先に考えるとか、お客様の立場

や気持ちに寄り添えるとか、そうしたことが

商売の成果を左右するのだと思います。

 

私のようなビジネスの場合、私自身がそうした

雰囲気を創れているかどうかが、分かれ道に

なります。忙しいと、ついそれと逆の雰囲気を

出してしまいがちです。

 

そうならないよう、観光地に行ってエネルギー

を吸収する時間や、自然の中でリフレッシュ

する時間を意識的につくろうと思っています。

近場ですが、それを実行できた週末でした。

 

今週も新鮮な気持ちでスタートします。

 

DSC_0046

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細