">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます!

 

「仕事を任せる」というテーマで企業研修を

やることになり、自分がこれまで任されて成長

したこと、任されて潰れそうになったこと、

 

任せて失敗したこと、うまくいったことなどを

振り返ってみました。

 

成長できたきっかけは、「任された」ことです。

20歳代の頃の上司は、任せ上手でした。

指針を示して、あとは自由にやらせてくれました。

 

失敗も多かったのですが、それが結果的に一番

成長につながったと思います。

苦労する自由を奪わないでくれたとも言えます。

と言っても、無関心だったわけではありません。

 

一方、自分が人に任せる立場になったときに、

上手に人に任せることができませんでした。

仕事を抱え込み、なんでも自分でやらなきゃ

気が済まないモードになっていました。

 

それを変えてくれたのも、その時の上司です。

上司に恵まれていたと思います。

 

「任せられる人がいないから任せられない」

のではなく、

「任せないから任せられる人ができない」

ということがわかりました。

 

その後、任せすぎて退職にまで追い込んで

しまった部下もいます。

思い返してみれば、私自身も任された役割が

重荷で、転職を悩んでいた時期がありました。

 

「任せる」「任せられる」を究めていくことは、

仕事の能力を上げていくことにほかなりません。

イコール、収入を上げていくことにつながります。

 

安心して任せられる人にならなかったら、仕事が

回ってきません。また一方で、いくら自分が仕事

ができても、人に任せることができない人は、

それ以上仕事が広がりません。

 

どちらも仕事を進めていく上で欠かせない力です。

 

「任せる」「任せられる」能力をアップして、今後

ますます収入アップにつなげていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細