">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日は、独立して活躍する中小企業診断士の

勉強会で、ケーススタディの進行役を務めて

きました。私が楽しみにしている企画の一つ

です。

 

なぜかというと「大御所と言われている人が

この事例に取り組んだらどんな進め方をする

のか」を知れるまたとない機会だからです。

 

仕事の合間に準備を進めてきましたが、前日

は朝方まで睡眠時間を削って資料作成にあて

ました。大変ですが、そのくらい価値のある

時間なので、進行役を買って出たのです。

 

長年の経験と、豊富な知識に裏打ちされた

大御所の意見は、私たちのような駆け出し

の意見とは少し違います。視点の鋭さや、

立ち位置の取り方など、勉強になることが

たくさんあります。

 

でも最終的に説得力を持つのは、人として

のあり方だなと感じます。その基本を実直

に磨いているかどうかの差が、年数を経て

大御所と言われる人になるのか、ただ年数

だけが長い人になるのかの差だと感じます。

 

ここで学んだことを、実戦で活かして体得

し、いずれ若手に伝えていく役割を担わな

ければなりません。仕事に対する姿勢や、

あり方を第一に伝えられる人材になろうと

思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細