">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

スタッフを多数抱える企業にとって、

企業コーチングの導入が当たり前の

時代になっていくと思います。

 

産業医やカウンセラーと違い、企業経営

に踏み込んだ重要な役割を担うと考えて

います。

 

おそらく、経営陣には専門のコーチが

ついて、経営判断や私生活をサポート

しています。

 

従業員は、定期的なコーチングの時間

にコーチと接し、仕事上の自信を形成

することになるでしょう。

 

スタッフひとりひとりが自分に自信を

持つことができれば、チームとしての

成果も変わってきます。

 

自信のない状態では成果を出すことは

困難です。スタッフのひとりひとりが

自信を持つことは、チーム全体の成果

を上げることにつながります。

 

スタッフに接するコーチの役割は、

ひとりひとりが健全な自信を持つこと

をサポートすることです。

 

企業コーチングが当たり前の時代に

なったら、コーチの数が圧倒的に

不足します。

 

その時代が来たら、専業のビジネス

コーチだけでなく、中小企業診断士

や社会保険労務士が、コーチングを

必須科目として身につけて、企業を

サポートすることになると思います。

 

知識が価値をもたなくなる時代、軸足

をコーチングに置いて、経営幹部の

個々のサポート、スタッフの自信形成

に係わることが、中小企業に携わる

士業のスタンダードになるでしょう。

 

もう、その時代が見えています。

 

楽しみですね、それに向けて自分を

整えていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細