">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

コーチングが有効に機能するためには、

最初に「ゴールセッティング」が欠かせません。

 

特に、企業でコーチングを導入して、成果を

求められる場合は、導入した経営側に明確な

ゴールがないと機能しません。

 

もちろん「明確なゴール」を引き出すのも

コーチングの機能のひとつです。

 

経営者の中に眠っているゴールを引き出す

瞬間は刺激的です。

 

ちなみに、社員の中にはその企業の「ゴール」

はありません。社員の中にあるのは自分自身

の仕事の「ビジョン」であって、会社のゴール

を考えてくれと言っても

 

「それは社長が考えてくれ」

 

ということです。

 

そこで社長が悩むのは、

 

「本当はこうなりたいんだけど、あまりにも

理想的すぎて現実とのギャップが大きすぎる」

 

「こんなことを言ったら社員から反感を買って

誰もついてこない」

 

ということです。

 

社長の中には理想の状態があるということです。

 

でも、それが言えない。

 

そんなとき、コーチングは有効です。

 

経営者には、高すぎる理想を明確に打ち出して

いただき、それに向かっていく会社の雰囲気を

作っていくことが、企業が成長に向かうという

ことです。

 

職場を成長の場に変える。

 

この仕事をずっと続けていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

コーチング新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細