">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

会社勤めをしていた頃の話です。

 

自分としては夜遅くまで仕事をしたり、

休日出勤をして期限に間に合わせるのは

当たり前のことだと思っていたのに、

 

周りに「自分を犠牲にして大変だね」

とか「そこまでやる必要あるの?」

と言われることで、自信をなくすことが

ありました。

 

周りの人は好意で声をかけてくれて

いるのですが、

 

「自分を犠牲にしているのかな?」

 

とか、

 

「そこまでやる必要のないことをやって

いるのかな?」

 

という不安な気持ちになりました。

 

自分は納得して仕事を進めているし、

自分から残業や休日出勤をしているのに

自己犠牲感を持つのはおかしいことです。

 

そして、自己犠牲感は仕事に対する意欲

を最も削ぐ感情だと思います。

 

自分にしっかりとした軸があれば、

そんなことで不安に思ったり、

自己犠牲感を持ったりする必要は

なかったのですが…

 

その頃の自分に対して言いたいことは、

「楽しいからやってるんだ」

って周りに言える勇気を持とうよ、

 

ということと、

 

もし本当に自己犠牲感があるなら、

残業や休日出勤を減らす努力は

どのくらいしたの?

 

ということです。

 

結局、自分が好きでやっていたこと

なんですよね。

 

 

「同じ給料なのに余計に働くのは損」

 

という他人の価値観に対して、

その頃の自分は明確に対抗できなかった。

 

軸がなかったからです。

 

これについて、どう思いますか?

 

モヤモヤした感じの終わり方ですが、

今日もはりきっていきましょう!

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細