">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

明確な方向性を持って、やりたいことに忠実に

生きていくためには、やる仕事とやらない仕事

の基準を明確に持っていなければなりません。

 

限られた時間で、全てをこなすことができない

ならば、基準を明確にして、それに従って行動

する以外にありません。

 

重要事項を優先するのが、時間の使い方の鉄則

ですが、受けた仕事で期限があれば、そちらを

優先的にやることになります。ここで問題なのは、

受けた仕事が重要事項に該当していない点です。

 

受けた仕事の全てが、重要事項になることが、

この課題の最も合理的な解決方法です。

つまり、自分の価値観に照らして、重要事項に

あたる仕事以外は受けてはならないということ

です。

 

もう少し深堀りすると、人から依頼のある仕事

だけをやっている限り、本当にやりたいことに

はたどり着かないと思います。自ら提案して、

お客様をつくらない限り、自分の価値観に合致

した仕事にはなり得ないと感じます。

 

独立して、仕事ぶりや品質を信頼していただける

ようになると、いろいろなところから仕事の依頼

をいただけるようになります。

 

それは、ありがたいことで、感謝して受け止めな

ければならないことですが、それに対応している

だけでは、忙しくなるばかりで、先に進まないと

いうことです。

 

価値観を明確にして、それに従った仕事の基準も

明確にして、重要事項を忠実に進めていける時間

の使い方をしたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細