">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

ゴールデンウィーク目前の水曜日です。

明日出勤したら連休に入る会社もあるのでは?

 

今日は社内の「共通言語」がテーマです。

 

「共通言語」って何かと言うと、

同意が得られている言葉のことです。

同意と言うのは、同じ意味で捉えている

っていうことです。

 

お互い日本語で喋ってるから共通言語

というわけではありません。

 

同じ日本語で会話していても、

驚くほど違う意味で伝わっていたり、

逆に相手の意図と違う解釈をしていたり…

 

日常茶飯事ですよね?

 

私生活で起こる分には、そんなに

大した問題じゃないかもしれませんが、

お互い業績に凌ぎを削っている職場で

これが起こっていると大変なことになります。

 

たとえばこんな感じです。

 

「ここまで自分で判断してやっていいよ」

と上司に言われたのでやったら、

「そこまでやっていいとは言っていない!」

と怒られた。

 

部下

(あれ?判断していいって言ったじゃん!)

 

上司

(こいつは危険だぞ、よく注意して見てないと)

 

上司の言う「ここまで」が共通言語では

なかったケースです。

 

こうしたすれ違いは、かなり多くの職場で

起こっています。

 

そしてこれを放置しておくと、ギャップは

さらに大きくなる一方です。

 

その時に、最初に取り組みたいのが、

「共通言語」をひとつずつ作っていく

という作業です。

 

具体的には、

「この言葉の意味は、これでいいですよね?」

というのを会議で確認していきます。

 

これは、企業文化を創る作業でもあります。

「言葉」はその会社の文化を創ります。

 

あなたの職場には、みんなが同意している

「共通言語」がありますか?

「共通言語」があると、コミュニケーションの

ストレスが圧倒的に減りますよ!

 

それでは、今日もよい1日を!

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4期「仕事力向上セミナー」のご案内

信頼される職業人としての自分のあり方を、

1年かけて高めませんか?
http://coach-n.biz/bizup4-2/

仕事力チラシ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月のRead for Action読書会は、1周年記念BBQ

「新緑の中で趣味を語る読書会」

5月14日(土)10:50~グリーンパーク吉峰

(10:32岩峅寺駅(9:59電鉄富山発)お迎え)

https://www.facebook.com/events/230620797284317/

0514-2

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細