">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

昨日は岐阜県養老町まで車で行ってきました。

秋のいいドライブでした。

 

今日はある企業で「会議の進め方」について

勉強会を開きます。

大切にしているのは、「その企業らしさ!」

 

一般的な会議の進め方や準備方法、議事録など

をいくら伝えても、その企業の文化を無視して

導入しようとしていたら、定着しません。

 

基本的な枠組みだけお伝えして、具体的な方法

については、管理職の方に考えてもらうつもり

です。

 

これまで会議らしい会議のなかった中小企業に、

継続性のある会議を導入することに係わること

が最近とても多いです。

 

どんな時に会議を導入する必要性が生じるか?

というと、これまでは話し合いなどしなくても

回ってきた仕事が、話し合いなくして進まない

状況になった時です。

 

つまり、これまでの方法で行き詰った時です。

 

それは、イコール成長段階にあるということに

ほかなりません。

 

一段高いステージを目指しているからこそ、

これまでの方法では行き詰まりを感じ、何か

新たな方法を模索している、ということです。

 

こうしたステージにある企業(成長段階にある

企業)に係わっていくのが、私がやりたいと

思って求めていた仕事です。

 

慌ただしいけれど、とても充実しています。

 

企業の成長に置いて行かれないように、私自身

も常に次の成長にフォーカスしていきます。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細