">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「生産余力」が決め手です。

 

「生産余力」とは、「遊び」です。

 

「遊びがある」と言いますが、会社内の

スタッフに余裕がある状態のことです。

 

これを嫌う経営者や上司はたくさんいる

と思います。

 

時間をムダにしていると考えて、もっと

忙しくなるよう他の仕事を与えます。

 

ギリギリの人数で、いつも忙しいことが、

コスト的に最も効率的だと考えてしまい

ますが、実はこれは生産的とは言えない

そうです。

 

生産余力があった方が生産性は高い!

 

自分の仕事に置き換えてみると、期限に

追われている時は、寝ても覚めても仕事

をしていて、生産性が高いように感じて

しまします。

 

でもそれは錯覚です。

 

冷静に時間当たりのアウトプットを見ると、

余裕がある時の方が高いです。

 

営業の仕事をしていた時も、成績がいい時

ほど余裕があり、悪い時は毎晩残業でした。

 

時間の使い方、スケジュールの組み方を

工夫して、「生産余力」を生み出そうと

思います。

 

「生産余力」はありますか?

 

それでは、今日もよい1日を!

 

(参考書籍)

TheGoal

Read for Action新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細