">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

余力があるときは、前倒しで仕事がどんどん

進んでいくので、能率が高い状態ですが、

 

追い詰められているときは、実はそれほど

能率が高くないことがはっきりしています。

 

期限通りに終わるかどうかの不安や焦りに

仕事のパワーを奪われているからです。

 

追い込まれないとやらないタイプは、短時間

でやっているようで、ムダなパワーをたくさん

使っているいうことです。

 

頻繁に追い込まれていた私は、本当に能率の

悪い仕事のやり方をしていたと思います。

 

今でもちょっと気を抜くと、すぐに追い詰め

られる状況になってしまうので、過去形で

書くのにはちょっと語弊がありますが…。

 

余力を生むコツに、いつでも余裕な態度を

取るというのがあります。

 

本当は焦っていても、態度だけは泰然として

いるということです。

 

姿勢が焦っていないだけでも、だいぶ精神的

に余裕ができます。そういう見栄は張っても

いいと思います。

 

「最近余裕がありそうですね」

なんて言われたら、ちょっと嬉しくなります。

 

いつでも余力があり、仕事を追いかけている

状態でありたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細