">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

昨日はスケジュールに余裕のある1日でしたが、

お陰で、お客様の急なご依頼に対応することが

できました。

 

これまで、120%くらいの勢いで予定を詰め込んで、

いつも忙しい状態でしたが、余裕があり、余力が

あると、訪れたチャンスを掴みやすくなります。

 

捨てるものを決めると、そこに新しい仕事が自然と

入ってくると言われていますが、そんなことを実感

できた1日だったと言えます。

 

今年に入ってから、やらないと決めた仕事の依頼

を断ってきたので、収入も減りますが時間も余裕

が出てきていました。そして、訪れたチャンスは、

これから増やしていきたいと思っていた仕事なの

で、タイミングよく波に乗れた感じです。

 

少し以前までの状態だったら、考えられなかった

ことですが、スケジュールの余白の大切さを思い

知りました。

 

常にそういう状態になれるとは思っていませんが、

チャンスをつかめるくらいの余白は、常に残して

おきたいところです。

 

そう考えたら、これまではステージを上げることが

できたかも知れないチャンスを、見過ごしてきたの

かも知れません。

 

目指す方向にしっかり進んでいける選択をすること、

そしてチャンスを逃さない余白を持つことを、意識

して過ごしていきたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細