">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます!

 

ある本で読んだのですが(何の本か忘れましたが)

 

人を「育てる」ことはできない、

人の「育ち」を助けることしかできない。

 

というようなことが書いてありました。

 

本人が育とうとしていないものを周りから「育てる」

ことはできない、という意味だと思います。

本人の意思がないのに「育つ」ことはできません。 

 

よく「人を変えることはできない」と言いますが、

変わろうと思っていない人に変わることを促すと、

たいていの場合うまくいきません。

 

会社では、よくこんなことが起こっています。

 

経営者は社員に変わってほしいと思っています。

社員は経営者が変われば全ては解決すると思って

います。どちらも自分が変わる気はありません。

相手が変わることが問題解決だと思っています。

 

これは、上司と部下の間でも起こっています。

 

部下が育ちたいと思っていないのに、上司が

育てようとしてもミスマッチです。

お互い相手への不満が募る結果になります。

 

ポイントは先に相手を理解することです。

 

変わってほしいと思っている相手を心底理解する

のは、本当にハードルが高いです。

自分が先に変わる必要があります。

自分自身の「成長」が必要になります。

 

「部下が育たない」

と思っている自分に成長の意思があるか?

 

なければ、そりゃ部下は育ちません。

上司を見ていますから。

 

よく言われている

『理解してから理解される』の、

先に理解するほうは常に主体性の高いほうです。

 

常に先に理解するほうでありたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細