">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「前倒しの日常」を送ることが課題です。

 

***

 

ある企業で、スタッフさんのほとんどが

「仕事量が多すぎる!!」

と口を揃えて言っていました。

 

収益的には、仕事量を減らすという選択肢

はあり得ません。

 

戦力化されていない新入社員の割合も多く、

それが原因との見方もできます。

 

でもよく社内の様子を観察していると、

個々の処理能力の問題よりも、お金を生む

仕事に集中できる時間が少なすぎることが

見て取れます。

 

つまり、お金を生まないことに勤務時間の

大半を使っているということです。

 

お金を生む仕事に集中できる環境にするには、

社内の仕組み化、見える化、人間関係の改善、

業務上のコミュニケーションの活性化が必須

です。

 

そして、少なくとも管理職は「前倒し」で

仕事を進めている必要があります。

 

リーダーや段取りをする人が、今日の作業に

追われていたら、チーム全体として質の高い

仕事はできません。

 

***

 

ここからは私自身の話ですが・・・

 

今のところ、仕事や日常生活のことが少し

前倒しになったと思うと、すぐに追われる

生活に逆戻りしてしまいます。

 

いつもその日にやることを紙に書き出して

リスト化し進めていくのですが、その結果

緊急性は低いけれど重要なことが後回しに

なってしまいます。

 

それが、追われるサイクルに入ってしまう

原因です。

 

「前倒し」で、次々にいい提案ができる状態

になることで、多くのメリットがあります。

 

何よりも仕事の品質が上がります。

 

仕事の量を減らすつもりはありませんが、

心に余裕を持つことで質を高めていきたい

と思います。

 

先ほどの企業の管理職の人と一緒に、

仕事量は減らさず余裕を持つことのできる

状態にチャレンジしたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細