">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「努力に勝る天才なし」と言います。

努力することで天才に勝るという意味です。

 

でも才能ある人だって努力しているので、

努力だけで才能ある人に「勝る」ことは

難しいかもしれません。

 

「勝る」とは、何に対して、誰に対して

「勝る」ことなのでしょうか?

 

私は、中小企業診断士の資格取得に7年

もの月日を費やしました。

 

試験合格後に東京で実務補修を受けるの

ですが、日本を代表する大手メーカーや

都市銀行に勤めている仲間たちは、1年

か2年で資格取得していました。

 

長い人でも3~4年です。

それ以上になったら才能なしです。

 

それでも7年かけて取得し独立しましたが、

やっぱり能力の低さや才能のなさを感じる

ことは多々あります。

 

「努力が足りないのでは?」

と自分を叱咤していますが、他人に「勝る」

ことを考えている限り、切迫感を拭い去る

ことはできないのかもしれません。

 

ところで、「目の前のお客様の役に立つ」

という観点に立った時には、必ずしも才能

豊かな人が勝るとは限りません。

 

その観点においてはナンバーワンであろう

と思います。

 

昨日よりも、僅かでもよいパフォーマンスを

出し続けることを、お客様と共に考えて歩む

ことが課題になります。

 

すると、「勝る」鉾先は才能ある他人ではなく、

自分自身に向けられることになります。

 

その境地で努力を続けること。

それを自分に課したいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細