">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

社会人としての原体験の影響って大きいです。

 

20歳代、建設関係の会社で勤めていました。

 

若手でバリバリの課長に育てられ、トップ営業

の部長から直接指導を受けて、社会人としての

スタートを切りました。

 

営業なので体育会系です。営業会議では、緊張

して思っていることを言えないどころか、期待

されている言葉を言わざるを得ない雰囲気です。

 

その頃、恐ろしくて直接口を聞けなかった

営業本部長が、常務との対立をきっかけに、

ふたりが同時に定年前に退職するという

ドタバタ劇がありました。

 

20歳代の私にとっては、雲の上の出来事で

したが、その後大阪支店長から営業本部長

になった方からは目をかけていただき、

その後の道が大きく開けました。

 

神奈川県葉山の別荘で経営計画を作る作戦会議に

アシスタントとして招集され、当時会社に数台

しかなかったラップトップコンピュータと大きな

プリンタを車に積んで行ったのを覚えています。

 

他にも、建築の前哨戦である自治体公共図書館

の基本計画策定に携わるなど、今の仕事に続く

プランニングの仕事を開拓していきました。

 

富山への移住をきっかけに退職しましたが、

最近も当時の部長から連絡があり、東京でお会い

するなど、目をかけていただいています。

 

私にとって、会社は自分を高める成長の場でした。

 

全て人にとって、そういう側面があると思います。

 

私は、今の仕事を通して、会社で仕事をすること=

「成長する自分」に焦点をあててもらいたいと思い、

スタッフひとりひとりとの対話をしています。

 

人間関係の不調和や仕事上の苦しみで、成長など

感じられない人もいるかも知れませんが、それ自体

が成長の糧にもなっています。

 

「客観的に見る」

「長期的に見る」

「プラス面を見る」

 

そんな視点を通して、企業を成長の場に変えて

いきます。

 

20歳代の原体験が、生きています。

 

あなたの社会人としての原体験は、どんなもの

ですか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細