">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「厳しさ」には質があります。

 

「北風と太陽」の話はご存知だと思いますが、

北風を厳しさとするならば、その厳しさで

人が進んで動くことはありませんでしたね。

 

『船をつくりたいのなら、男どもを森に集めたり、

仕事を割り振って命令したりする必要はない。

代わりに、広大で無限な海の存在を説けばいい』

 

『星の王子さま』の中の言葉です。

 

「北風と太陽」の太陽も、「動きたくなる」を

引き出しています。そこには厳しさではなく、

包みこむ暖かさがあります。

 

では、組織には厳しさは必要ないのか?

 

進んで動く社内の雰囲気として、何でも言える

和やかさや人に対する優しさは不可欠ですが、

それは厳しさがなくてもよいということでは

ないと思います。

 

たとえば、職場規律や信義に背くことに対しては、

厳格さも必要です。

規律や信義に基づく信頼関係あっての和やかさや

優しさだからこそ、意味を持ちます。

 

北風のように、思惑通りにならないことに対して

さらに厳しく対処する上司を、部下は見抜きます。

 

管理職になったら、「厳しさ」ということについて

一度深く考えてみてください。

 

「育てるため」と言いながら、その「厳しさ」は

北風の厳しさになってはいないか?

逆に、規律や信義に甘くなってはいないか?

 

「厳しさ」の質にもっと敏感になろうと思います。

 

それでは今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細