">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

職場に問題は必ず起こります。

 

問題をなくすことはできないと

思いますが、問題に対処できる

社員を育てることはできます。

 

組織が機能するかどうかのポイントに、

管理職が職責に応じた問題解決能力を

備えているかどうかがあります。

 

備わっていない場合、管理職側の

言い訳として、

 

「そこまで権限を与えられていない」

 

というのがあります。

 

中小企業の場合、権限が明文化されて

いることはほとんどありません。

 

つまり、慣習の中での思い込みとして

「権限が与えられていない」と感じて

いるということです。

 

それを感じさせている社長の行動は、

社員に任せたことに、結果が出る前に

社長が介入するということです。

 

これを繰り返していると、管理職に

問題解決力が備わることはありません。

 

問題が起きた時に、解決方法ではなく

判断基準と権限を伝え、任せることが

できたら、一歩前進です。

 

いちばん大変なのは、社長が心配で

介入したくなる衝動と闘うことです。

その気持ち、よくわかります。

 

そんな気持ちに寄り添いつつ、

パートナーとしての役割を果たしたい、

と思って仕事をしています。

 

「職場を成長の場に変える」

というコンセプトで。

 

心を尽くせる仕事です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細