">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

お客様との対話を、より価値の高いものに

するために、対話のプロセスをプロコーチ

に話し、振り返りをしました。

 

振り返りの観点は、

 

「経営者の真意を聞けているか?」

 

です。

 

通常の対話は、別に隠そうとしているわけは

なくても、真意が表に出てこないということ

があります。

 

特に、「気持ち」の部分を表に出すのは、苦手

に感じる経営者も多いかもしれません。

 

私も、コーチングで出会うまでは、仕事の面で

自分の「気持ち」がどうかなんて、考えたこと

がありませんでした。

 

でも、重大な経営判断を迫られている局面で、

メリット・デメリットを比較し尽くし、長期の

シミュレーションもやった上で、最終的に決断

するのは、経営者の「気持ち」の部分が大きい

と思います。

 

最初から「気持ち」だけで決めるのとは違います。

 

ということは、

対話の最後に、「気持ち」を聞けるかどうかが

決断に大きな影響を及ぼすかもしれません。

 

そんなとき、「気持ち」を聞けずに対話が終わると、

納得感が薄い印象が残ります。

 

「気持ち」を聞けない対話とは、助言です。

助言は、相手の「気持ち」を封じ込めます。

 

相手の「気持ち」を封じ込めるような対話に

ならないよう、気をつけたいと思います。

 

定期的に対話の内容を、信頼できる第三者に

チェックしてもらうことはとても重要ですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

コーチング新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細