">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

今日はあるきっかけでお声掛けいただいた

財務会計系の企業研修のお仕事です。

 

準備をしながら考えていたことがあります。

 

私は普段は、社員数30人くらいの企業を

お客様にしています。

 

今回研修をさせていただく会社は、

250名を超える社員さんのいる会社です。

組織機能やシステムがしっかりしていなければ、

それだけの規模にはなりません。

 

会社の規模でこちらのやる気が変わるわけでは

ありませんが、内容は当然変わります。

 

特に管理職の方に向けた内容は大きく変わります。

 

かつて在籍していた会社を思い出しながら

250人規模の会社の部長さんはこんな感じ、

課長さんはこんな役割や悩みがあり…

というのを想像しながら組み立てていました。

 

財務会計の研修とは言え、実務に役立てる内容

でなければ、研修後に使えない知識になります。

現場の悩みを解決するものでなければなりません。

もちろん実地調査もしています。 

 

そんなふうに想像をめぐらせて、考えている時間が、

たまらなくいとおしい時間でした。

 

自分が在籍していた最も大きい企業が250人規模

だったので、私にとってリアルに思い描ける上限

がその規模の会社です。

 

そして、この規模の会社の研修ができるという

ことに、ひそかに憧れていた自分がいました。

 

今は30人くらいの会社にどっぷりと係わるのが

大好きなのですが、その会社がいずれ急成長し、

250人くらいまでの規模拡大をサポートできたら、

本当にいい人生だったと言えます。

 

そんな日がくる予感がします。

 

それでは今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細