">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

私たちは日々何かを学ぶチャンスがあります。

勉強会やセミナーに参加しなくても、その日の

出来事から学んだり、本から学んだり、何から

でも学ぶことはできます。

 

でも、それを活かすとなると、意識的にやって

いかないとできないと思います。

学んだことを、いかに早いスピードで活かすか

が、成長のスピードになっていると思います。

 

本で読んだり、人間関係の中から学んだりする

ことは毎日できますが、学びを活かした行動が

できているかと振り返ると、定着していること

もあれば、忘れてしまっていることもあります。

 

よく言われる学びを定着させる方法のひとつに、

「人に伝える」というのがあります。

学んだことや感じたことを、誰かに伝えること

で、自分自身が意識することができます。

 

忘れてしまうのを防ぐ意味でも効果的です。

ただ、この伝える時にどんな立場で伝えるかが

とても重要だと思います。

 

傍観者として伝えたり評論家として伝えていた

としたら、行動に結び付くことはありません。

主語を自分にして、当事者として伝えることが、

学びを定着させるための必要条件です。

 

「成長のスピードが落ちているな」と感じたら、

取っている立場に問題があるのかも知れません。

 

ふだんから当事者の立場で物事を捉えることを

意識していますが、いま一度その立場を取れて

いるか点検しようと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細