">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

取り組んでいる仕事や経験に、どんな意味づけ

をしているかは、とても重要です。

 

例えば、今取り組んでいる仕事の意味づけが、

「お金を稼ぐため」

「自分の将来のため」

「お客様に喜んでもらいたいから」

なのかで、取り組み姿勢は大きく変わります。

 

どんな仕事も、突き詰めていくと何らかの作業

をすることになります。その作業をどんな意味

で捉えているかで、得られるものが全然違って

きます。

 

やる気が湧かなかったり、作業がつまらないと

感じるなら、意味づけを変える必要があるかも

知れません。

 

生きていると様々な問題や課題がありますが、

それにどんな意味づけをするかを常に気にして、

自分にとって最適な意味づけをしていくことは、

とても大事なことだと思います。

 

すべての経験が自分にとって意味のある経験と

して捉えられるようになると、充実度が圧倒的

に変わってきます。

 

「意味づけ」を最適化すると、

・そこから得られるものが変わってくる

・充実感が上がる

・やる気が湧く、作業がおもしろくなる

などの効果があります。

 

私は人と接するときに、相手が自分の仕事や

経験に、どんな意味づけをしているのかを

気にしています。その意味づけを捉え直して

言葉を返すことがあります。

 

かつて上司にそのように接してもらい、多く

のことに気づかされました。

 

意味づけの大切さを、もっと意識しながら

歩んでいきたいと思います。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細