">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

新たな1週間がはじまりました。

 

4月に新入社員を迎えた会社は、

連休明けのこの時期、新入社員の様子を

よく注意して観察したいですね。

 

「5月病」ってよく言われますが、

休み明けに元気がなくなったり、

体調がすぐれない日が続いたりする

「適応障害」が「5月病」です。

 

新入社員はお客さんではありませんので、

上司や先輩のほうから過保護に手を焼く

必要はないと思います。

 

ただ、上司や先輩に相談できる環境や、

「相談してもいいんだ」と

認識しておいてもらうことは大事ですね。

 

放っておくと、せっかく採用した社員が

あっさり辞めてしまう結果になるでしょう。

 

ところで、新入社員が「5月病」のような

状態になったら、本人の問題以外には

どんな原因が考えられるでしょうか?

 

***

 

会社の課題って、いろんな形でサインが出ます。

たいてい一番弱いところに出ます。

 

この時期、新入社員が適応障害になるのは、

もちろん本人の問題なのでしょうが、

 

もしかしたら会社の中にある

もっと重要な課題に気づくチャンス

かも知れません。

 

コミュニケーションや、上司・先輩の対応を

見直してみるいい機会かも知れませんね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細