">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「暗黙の了解」を言葉にすることの大切さを

実感しています。

 

お互いにわかっているつもりの「暗黙の了解」

を前提に仕事を進めていくと、思わぬ誤解で

足止めを食うことがあります。

 

そんな経験、ありませんか?

 

わかっていることを、あえて言葉で確認する。

 

そのくらいの慎重さがないと、重要な仕事は

進められません。

 

仕事の「目的」に解釈に違いがあると、何もない

ときには問題ないのですが、トラブルが起きた時

などに、解釈の違いが浮き彫りになり、対立や

ストレスの原因になります。

 

上司が伝える最も重要なことは、仕事の目的

です。「何のため?」を伝えることです。

 

管理職教育の重要なポイントは、自分の言葉で

仕事の目的を伝えられるようになることです。

 

「暗黙の了解」を言葉にして確認することで、

仕事に対する理解が深まったり、誤解による

ミスを未然に防ぐことができます。

 

年末に大掃除をする会社も多いと思います。

 

机や棚の整理だけでなく、仕事上の「暗黙の了解」

を言葉にして書き出して整理しておくと便利です。

コミュニケーションの交通整理ができます。

リーダーの大切な役割のひとつですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細