">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

社長が見えている世界と、社員が見えている世界

は違うので、社員は、社長が何を考えているのか

わかりません。

 

社長も社員も業績向上に向けて仕事をしていると

いう点を共通理解しているかどうかを、確認する

ことがスタートになります。

 

「そんなことは当たり前」と社長が思っている

ことを、社員が同じように思っていないことは、

よくあります。

 

社長も社員も業績向上にコミットメントしている

場合でも、社員はどんな行動を取ったら業績向上

につながるのかがわからないケースがあります。

 

営業なら業績向上につながる行動がわかりやすい

のですが、事務職や工場内で勤務している人など

は、どんな取り組みが業績向上につながるのかが

見えない、というケースです。

 

そんな時、社長の言葉を理解して、社員にわかる

言葉に置き換えて伝えてあげられるナンバー2の

存在があると、非常にうまくいきます。

 

なので、そんなナンバー2を育てることは、社長

の重要な仕事のひとつです。

とは言え、中小企業がナンバー2を育てるのには

時間がかかります。

 

企業のナンバー2代わりに、社長と社員の意思疎通

やコミュニケーションをサポートし、業績向上に

向けた行動に足並みを揃える役割を買って出たい

と思っていました。

 

仕事を通して互いの成長をサポートし合える職場

づくりを標榜し、そんな仕事を、していきます。

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細