">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「コミュニケーションギャップ」は、

たいてい相手の立場に立てないことが

原因で起こります。

 

上司が部下を見て、

「オレだったら、そんな対応はしない」

「オレだったら、そこで奮起するよ」

 

と言ったところで、部下は上司とは違う

ので、そこで奮起はしないのです。

 

それは部下をちゃんと見ていればわかる

ことです。

 

相手の立場に立つ

 

というのは、自分が相手の立場にいたら?

ということではなく、相手の経験値や思考、

性格から導き出される結果を想像する、

ということだと思います。

 

そして、相手の経験値、思考、性格などを

踏まえた上で、望む結果を出すためには、

どう接するのがいいのか?を考えるのが、

上司の役目です。

 

何も教えないで、「仕事は盗むものだ」

と言って、それで仕事が存続するなら、

それでもいいと思いますが、ただでさえ

存続の危機にある職業が、そんな態度で

発展するはずがありません。

 

相手の立場に立つ、ということを、

共に考え、行動に移すサポートをする。

それだけでも変容が起こります。

 

コミュニケーションギャップが減ると、

どんな成果が上がるのか、その実例を

たくさん集めたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細