">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

『組織とは、最重要課題に対応すべき人が、

最重要課題に取り組める環境を創るために

編成するものである』

 

組織の定義として、とても納得性が高いです。

 

中小企業で言えば、社長が会社の成長のための

仕事に専念できるように、「任せる」仕組みを

創ることです。

 

社長がトップセールスマンだったり、熟練職人

であるケースは、中小企業ではよくあります。

 

つまり社長が実務を離れると、売上が落ちたり

品質が落ちたりするので、実務から離れること

ができない。

 

これが組織化の第一の壁です。

 

その壁を乗り越えた後も、管理職育成の壁や、

社員の主体性が育たない壁などがあります。

 

順にひとつずつ乗り越えていった先に、企業の

成長があります。

企業だけでなく、もちろん社員も成長します。

 

ステップごとに、最重要課題は異なります。

 

企業の成長を阻む原因は、その最重要課題に

取り組むべき人(たいていは社長)が十分に

時間を割いて取り組めないことにあります。

 

だから組織化して、「任せる」を仕組み化する。

 

といっても、組織の形態やあり方は会社によって

違います。一般論はありますが、その通りにして

もたいていうまくいきません。

 

その会社の実情やメンバーに合わせて応用しないと

組織が機能しないのです。

 

私の現在の仕事は、

 

『組織とは、最重要課題に対応すべき人が、

最重要課題に取り組める環境を創るために

編成するものである』

 

の応用問題を解いていくような仕事です。

 

短時間に解けるようにすることが課題です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細