">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「やりたいことをやるのは素人、

お客さんの求めていることをやるのがプロ」

 

あるテレビ番組をかけていた時に耳に入った

言葉です。

 

職業を選ぶ時、「やりたいことをやりなさい」

というメッセージがあふれていますが、正確

に伝えるなら、

 

「どんなことで人の役に立ちたいか考えなさい」

 

です。

 

私は何度か転職した経験がありますが、就職や

転職の際に抜けていたのはこの観点です。

 

求人票を見たときに、どんなことで人の役に

立ちたいかを考えるのに役立つ項目はあまり

ありません。

 

職業は、社会の中での役割です。

 

役割を認識することなく、条件で就職を決めると

いずれ迷走します。

 

社会の中での会社の役割、会社の中での本人の

役割を明確に示すことなく、条件を示すだけの

多くの求人票のフォーマットが変わったら、

職業選択の基準が変わると思います。

 

お客様の会社の採用に関わることがあります。

 

会社側の人として会社説明や面接に参加する際、

本人の人となりを理解することも重要ですが、

同じくらい会社がどんな社会的役割を担い、

その仕事がどう会社に役立っているかを理解

させることも重要です。

 

相手に伝わりやすくわかりやすい言葉で、

その職業の役割を説明する力を高めたいと

思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細