">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

「自由」の由来は、「自らを由(よ)りどころ

とし、他のものを由りどころとせずにあれ」

というお釈迦様の言葉だそうです。

 

私たちは束縛の対極の意味として自由という

言葉を使うことが多いと思いますが、本来は

判断基準を他者ではなく自分に置く(自らを

よりどころにする)という意味です。

 

私たちの思考や行動は、誰かが作った判断基準

から大きな影響を受けています。

そこから逃れ、自らの判断基準で生きることが、

自由です。

 

自らの判断基準に気づくには、価値観を自覚し

ていることが前提です。

価値観は大切にしているものや優先したいこと

を選ぶ基準になっていることです。

 

自由は、それを明確にするこがスタートです。

 

言葉を変えると、主体的に生きるということ

です。

 

何も制約を受けずに生きることはできません。

制約からの解放を自由だと思っているままだと、

どこまでいっても自由はありません。

 

価値観を明確にして、判断基準を自分の「心」

に置くことが、束縛感をなくし、自由になる

ことです。

 

会社勤めが束縛されているとか、独立したら

自由というレベルの問題ではないのです。

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細