">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

今朝は久しぶりに富山市倫理法人会の

経営者モーニングセミナーに参加して

きました!

 

身の引き締まる気持ちのいい会ですね。

 

心豊かに1日のスタートを切れました。

 

***

 

今日は「視点を変える」についてです。

 

企業が抱える課題に向き合っている時、

当事者である経営者や社員は、

「視点の移動」

が、しにくい状況に陥りがちです。

 

当事者であるがゆえに、事情に精通して

いますから、そうしたしがらみを除いて

考えることができないのは、ある意味、

それだけ真剣に情況に向き合っている

と言えるかも知れません。

 

しかし、多くの課題は、新たな視点を

取り入れることなく乗り越えることは

できません。

 

つまり、課題とは、新たな視点に気づく

ために起こっている「サイン」だという

解釈もできます。

 

そのサインに気づいて、新たな視点を

取り入れ続けることは、企業存続の条件

ではないでしょうか。

 

「どんな視点を持ったら、この課題を

乗り越えるのに有効か?」

 

という問いを立ててみる。

 

「望む結果」が明確であればあるほど、

どんな視点を持つことが有効かはっきり

してきます。

 

逆の言い方をすれば、問題を解決したくなければ、

現在の視点を持ち続ければいいということです。

 

どんな結果を望んでいますか?

 

***

 

今日はちょっとシビアな情況でのミーティング

があり、緊張しています。

 

準備に余念がないよう、今から再チェックします。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細