">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます!

 

経営者に必要なのは「覚悟」だと、

つくづく思います。

 

会社の規模によって経営者の仕事は

異なります。時機によっても役割は

変わってくるでしょう。

 

「経営方針を決める」

というのも経営者しかできない仕事の

一つかも知れませんが、これは役員で

話し合ったり助言を受けたりできます。

 

でも決めた経営方針に対して、

「責任」と「覚悟」を持って臨むことは、

トップリーダーが率先してやる以外に、

誰かに代わってもらうことはできません。

 

トップリーダーの「覚悟」が従業員に

乗り移ることはあっても、逆はありません。

 

企業が長年抱えている経営課題に対して、

真剣に取り組むかどうかは、経営者の覚悟

ひとつです。

 

長年抱えているくらいだから、簡単な

経営課題ではありません。

 

その解決を掲げること自体が、現実との

ギャップがあまりにも大きく、従業員が

誰もついてこないかも知れない。

 

関係者は誰も本気と思わないかも知れない。

 

銀行に支援を断られるかも知れない。

 

たいていはそんな状況の中で、経営者は

覚悟を迫られます。

 

その覚悟を、覚悟を決める過程を、

私は共に歩める立場にいます。

 

経営者が覚悟を決める時、私自身も

その方針を全力で支援する覚悟を

決めます。

 

その経営者を信じ抜く最後のひとりに

なるつもりでいます。

 

そのためにも、自分を信じる力を日々

高めていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細