">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

4月に入ってから、毎日書くブログの

文体を少し変えてみました。

 

もう少し文章に勢いをつけたいと思って

キャラを変えてみました。

 

「キャラを変える」で思い出したのですが、

高校時代に、停学になったことがあります。

3回ほど。

 

停学中に、毎日反省文を書かされるのですが、

仲間の分も含めて5人分の反省文を10日間、

毎日書いていたことがあります。

 

その人になりきって、その人の感受性や

言葉遣い、ものの感じ方を想像して原稿を作り、

あとで本人の筆跡で書き写してもらいます。

 

これには、全員からすごく感心されました。

「俺だったらこう書くよ、当たってる!」

っていう感じです。

 

でも本人は、うまく書けません。

 

もちろん、代わりに面倒くさい宿題は

全部やってもらっていましたが。

 

Win-Winの関係(?)

かどうかはわかりませんが。

 

その頃から、相手のキャラになりきって

言葉を紡ぎ出す、ということをやっていました。

 

今も似たようなことを、仕事でやっています。

 

お会いした経営者の思いやビジョンを、

「言語化する」っていう作業が、

私の仕事の最初のステップです。

 

言語化されることで、

自分の思いやビジョンを再認識できます。

ニュアンスを調整することもできます。

何よりも、伝わる力が変わります。

 

目的を伝えたり、ゴールを設定するのに、

「言語化する」というステップは欠かせません。

言語化する力を、

もっと磨き上げていきたいと思っています。

 

相手の思いを「言語化する」。

高校時代からやっていたのかと思うと、

その頃とあんまり変わらないことをやっています・・・

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細