">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

企業の業績を上げるサポートを

していますが、スタッフの方の

成功体験が圧倒的に少ないと、

 

「行動の動機が生まれにくい」

ということが起こります

 

「何をしたらいいのかわからない」

「どう動いていいかわからない」

「それをするとどうなるのかわからない」

「なぜそれをするのかわからない」

 

という「わからない」は、

「想像できない」という意味です。

 

やったことがないから想像できない。

 

たぶん私も社会人1年生の時は

そうだったのだと思います。

 

そんな時、できるだけ小さなステップで

成功体験を積み重ねるよう促し、

その成功体験を上司や同僚と確認し合う

というのが効果的です。

 

私自身は、それを丁寧にしていただき、

仕事を覚えていった経験があります。

 

かなり生意気な子でしたが、辛抱強く

上司に接していただいたおかげで、

人並みに仕事ができるようになりました。

 

ところが、こうした努力や辛抱を嫌がる

上司がいます。

 

「仕事は教わるものじゃない、盗むものだ」

と言っていますが、本当は上司本人に

人を育てた成功体験がないだけかも

知れません。

 

そんな職場に、人を育てる動機ややり方の

導入をサポートしていますが、社会人になって

すぐに勤めた会社での体験が基になっています。

 

私は今、ビジネスコーチとして企業に関わって

いますが、やっていることは、私自身がかつて

上司にしてもらったことばかりです。

 

「恩返しは上司にではなく後進の人にすること」

という約束を、いまようやく果たしています。

 

もっと多くの恩返しができたらと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細